フコイダンの作用

昆布フコイダンという成分は、モズク以外に昆布やメカブなどの海藻類にも含まれています。
フコイダンはモズクにぬめりを与えている成分ですが、海藻が潮の流れから身を守るために出すと言われています。
また、ぬるぬるすることで微生物に食べられないようにしているということです。

フコイダンは、「ナチュラルキラー細胞」や「マクロファージ」といった免疫細胞を活性化する作用があることで知られています。
体内にウイルスや病原菌が入り込んだときに、それらを取り除く働きがあります。
体内の免疫機能が高まることで、アレルギー反応が強くなる場合がありますが、フコイダンには免疫機能を整える作用もあり、アレルギー反応を抑えることができるということです。

フコイダンに含まれている「硫酸基」という成分は、人間の胃の粘膜にも含まれていますが、体内のピロリ菌を除去する作用があります。ピロリ菌は胃を傷つける細菌で、胃炎や胃がんを起こす病原菌とされています。

フコイダンの研究が盛んに行われていますが、まだまだ解明されていない部分もあります。コレステロールを低下させる作用、または血圧を下げる作用があるとか、がん研究なども進んでいますから、さまざまな機能が解明されつつあります。